CRPSに対するDRG刺激の可能性について

2020年8月7日金曜日

 近年の動物と人間の研究は、後根神経節(DRG)ニューロンの電気刺激が神経障害性疼痛信号を変調する可能性があることを示しています。

それを前提に下肢のCRPSまたはカウザルギーと診断された152例の被験者を対象にDRG刺激(DRG群)と脊髄刺激(SCS群)の前向きな多施設無作為化比較有効性試験が行われています。

評価項目は、3か月後の安全性と有効性であり、被験者は12か月を通して長期転帰と有害事象について評価が行われています。

この研究で刺激関連の神経障害を報告した被験者はいませんでした。

 50%以上の鎮痛と治療の成功を受けた被験者の割合は3か月時点でSCS群(55.7%、P <0.001)よりもDRG群(81.2%)で大きかった。DRG群は生活の質および心理的性質のより大きな改善を示した。また、DRG刺激を使用している被験者は、感覚異常の姿勢変動が少ないことを報告し(P <0.001)、痛みのない領域(P = 0.014)の刺激が少ないことがわかりまた。

PAIN: April 2017 - Volume 158 - Issue 4 - p 669-681

このブログを検索

最新記事

化学療法誘発性神経障害性疼痛への実践的アプローチ:予防、評価、および治療(米国臨床腫瘍学会の推奨事項をレビューなど)

 化学療法誘発性末梢神経障害( CIPN : Chemotherapy-induced peripheral neuropathy )は、がんサバイバーに発生するものの中で最もひどく生活障害を起こし、患者をダメージさせる問題の 1 つです。治療にあたって、四肢のしびれ、うずき、ま...

QooQ