このブログを検索

最新記事

CRPSに対するDRG刺激の可能性について

 近年の動物と人間の研究は、後根神経節(DRG)ニューロンの電気刺激が神経障害性疼痛信号を変調する可能性があることを示しています。 それを前提に下肢のCRPSまたはカウザルギーと診断された152例の被験者を対象にDRG刺激(DRG群)と脊髄刺激(SCS群)の前向きな多施設無作為化...

QooQ